Django の機能(テンプレートレンダラ)などを使いたいけど settings を定義したくない時、MagicMockを変わりに使うのはどうでしょう → 間違ってた

(コメント)

間違っていました。

from django.conf import settings
settings.configure()

と、settings.configure() を呼べば済む話でした。

以下ゴミ


Django とは関係ないスクリプトで

t = Template(open(template_path).read())
c = Context({})
rendered = t.render(c)

みたいにして、テンプレートレンダラだけさくっと使いたかったり

その他、Django の持つ単機能だけを使いたい時。

PYTHONPATH を気にしないといけなかったり、環境変数 DJANGO_SETTINGS_MODULE を定義しておかないと、

django.core.exceptions.ImproperlyConfigured: Requested setting TEMPLATE_DEBUG, but settings are not configured. You must either define the environment variable DJANGO_SETTINGS_MODULE or call settings.configure() before accessing settings.

が出ます。

本来であれば、Django のマネジメントコマンドを組んで ./manage.py hoge で起動した方が良いんでしょうが、そこまで仰々しくしたくないとか、そもそも Django プロジェクト外でやりたいとかの場合は

from unittest.mock import MagicMock
from django import conf
setattr(conf, 'settings', MagicMock())

こんな感じで、settings を MagicMock のインスタンスでモンキーパッチしてしまうのはどうでしょうか。

こうしておけば、その後

t = Template(open(template_path).read())
c = Context({})
rendered = t.render(c)

これも実行できます。

( Jinja2 使えばって感じではありますが )

現在未評価

コメント

最近のツイート

  • 小泉しゅうすけ@寒川町議会議員

    小泉しゅうすけ@寒川町議会議員 @KoizumiSamukawa

    ytyng

    漫画歴代発行部数ランキングとか見ると、上位はことごとく犯罪行為が平気で描かれている作品ばかりです。で、これらの漫画を読んで犯罪を起こした人はどの程度居るのでしょうか…ゴルゴ13を読んでスナイパーになった人は果たして存在するのかどう… https://t.co/ndFS6wezxQ
    1 週間, 6 日 前

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    MacBookのロゴを隠してるとプロっぽい。小並感だけど。 https://t.co/SRe5T68hHR
    2 週間 前

  • ytyng

    ytyng @ytyng

    初めてnpmにパッケージ上げた
    2 週間, 4 日 前